プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2013年05月22日

【絵本】ありがとう、フォルカー先生

来週、市内小中学校の図書館主任さんに向けた絵本研修で講師をする。

1時間という短い時間で、ギュッと中身の濃い話をしたいと、
かなり念入りに準備をしている。
気合、入ってま~す!

子どもたちが本の世界へ入っていくための大きなカギを、
先生たちも握っていると思うから。

選書も悩んで悩んで、多すぎず少なすぎずの冊数を選んだ。
その中には、こちらの絵本も入っている。




この絵本は、作者のパトリシア・ポラッコの自伝的作品。
彼女はLDでたいへん苦労した経験があるとのこと。

~あらすじ~
字がうまく読めないトリシアは、劣等感に悩まされ、いじめの対象にもなります。
しかし、5年生のときにフォルカー先生と出会い、トリシアの人生が変わります。
フォルカー先生は、トリシアの絵がうまいことなど得意なところを認め、
字が読めないことを見抜いて個別に指導を始めます。
そのおかげで、トリシアは字が読めるようになり自信を取り戻します。


久しぶりに読み返しましたが、思わず涙が…!
特に、字が読めないことを必死で隠してがんばってきたトリシアに
フォルカー先生が気付いたとき。
そう、子どもたちは、大人が気付かないところで必死でがんばっている。
トリシアに限らず。
それに気付ける大人は、本当に子どもをよく見ているのだろうな。

この絵本、とってもお勧め!



応援の1クリックをお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  
タグ :絵本LD学校

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:34Comments(0)絵本講師

2013年05月16日

読み書きに困難を感じる子ども

朝日新聞の朝刊で連載されている「いま子どもたちは」という特集で、
現在、読み書きに困難を抱える子どもたちが登場している。

みな、それぞれの環境の中で、乗り越える術を模索している。

一連の記事の中には共通点がある。

一つは、読み書きに対する特性を理解して具体的に働きかける指導者と出会ったとき、
勉強のおもしろさに気付き、自ら積極的に学びたい!という意欲が芽生えていること。

もう一つは、iPadなどの機器を利用することで、読み書きの困難を補い、
勉強内容に理解を深めるとともに、やはり学ぶことに積極的になっていること。

家庭教師だ、塾だと放課後学習を利用する方は多いけれど、
子どもにとって、やはり生活の中心にあるのは学校だ。

学校が楽しいか、楽しくないかということはとても重要だと思う。

そして、自分を理解されていると感じるのか、理解されないと苦しむのか…。

「いい先生やいい医師に出会えるかどうかで、人生がまったく違ってくる。
 子どもって、環境で本当に変わるから」
という、母親の言葉が印象的だった。

彼女の息子さんの夢は、科学者になってノーベル賞をとること!だそうだ。

なんだか私まで嬉しくて、記事を読みながらがんばれ~とつぶやいた。


応援の1クリックをお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:03Comments(0)勉強方法

2013年04月17日

PCの調子が悪い…!

ここ1ヶ月ほど、ノートPCの調子が悪い!!

アクセスが格段に遅くなり、普段見られていた画面表示の形が崩れ、
検索一つ、こういったブログ等の投稿一つでイライラしている時間が増える。。

もう、このPCも買い替え時かもしれないなあ。

自分が保有する情報が多ければ多いほど、
PCを替えることに不便を感じてしまう。

最近『整理HACKS!』という本を読み、
クラウドなどで管理する時代に移行しているのだと痛感。
(遅い?!ちなみにこの本は、2009年初版です。)




技術は日々進歩しているのだから、私も必要な部分をうまく取り入れて変わっていかないと。

人生は「選択」の連続だと思う。
小さなものから大きなものまで、日々私という人間を作っているのだなあ。


とりあえず、PCどうするかなあ…。
まだ迷いながら、壊れかけの現PCとつきあっている毎日です。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  
タグ :PC技術選択

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:17Comments(0)ビジネス

2013年04月09日

入学式

ここ1週間ほどで、多くの学校で入学式が執り行われたことでしょう。

我が長男も、昨日が小学校の入学式でした。
桜はもうほとんど散ってしまい、寂しい限り。
それでも、よそゆきのスーツに身を包まれ、
親子ともに初々しい気持ちで校門をくぐりました。

家ではあまり保育園の様子など話さない長男でしたが、
この日は話すこと話すこと!
初めての先生、入学式、教室、トイレの話まで(笑)、
きらきらの笑顔で話してくれて、
「明日楽しみだな~♪」と言いながら眠りについたのでした。


これから徐々に、保育園との生活リズムの違いに疲れも出てくると思います。
それでも、期待感を胸に今日という一日を終えられるって素敵です♪
そんな日が、これからもたくさんあるといいな…。



それにしても、小学校に入学するとはなんと大変なことか!!

入学式を終えてほっとしたのもつかの間。
配られたプリントとにらめっこしながら、
用品の最終チェックや不足品の買い足し(水筒が要るの忘れてました~)、
書類の記入や翌日の準備。

親も、この生活に慣れるのに時間がかかりそうです…。


今まで小学1年生を2回担任しましたが、
親御さんは入学準備でいろいろ大変だっただろうし、
入学しても心配事は尽きないもんですね~。
ようやく身にしみて感じることができました(笑)。

世の中の入学生の親御さん、本当にお疲れさまでした!

これからが本当のスタートですね。
ぼちぼちがんばりましょう♪


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:41Comments(0)家族

2013年04月04日

家庭教師 新規登録募集中!!

4月に入り、たくさんの学校で毎日のように入学式が行われています。

イエガクの教師に登録くださる方も、
4月から大学生になる方が多く、
面接をしていると新鮮な気持ちになります♪

面接では、これまでの指導経験や実績などを中心に伺うのですが、
必ず先生の素の部分が見える質問がこちら。

「今、最も熱心に取り組まれていることは何ですか?」

みなさん、なぜか、まず笑顔!
「熱心ですかあ…」
などと微笑みながらそれぞれ答えてくださります。
私にとっても、面接中最も楽しいひと時です!


生徒様をご紹介するまでは、面接だけの出会いではありますが、
そういう出会いを大切にしたいと思います。

イエガクでは、新しく教師登録される方を大募集しています!!
教えることに興味のある方、自分の勉強経験・人生経験を活かしたい方、
新しい生活で人との関わりをもちたいと思う方、
ぜひぜひご登録ください☆

登録に関する詳細はこちらです→家庭教師登録



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:29Comments(0)家庭教師業

2013年03月29日

新年度に向けて

いよいよ3月も終わりに近づいています!

卒業・修了式も終わり、入試の結果も出揃い、
もう4月からの生活に向けて心の準備をされていることでしょう。

今年度は仕事に関して時間の融通がきかず、
サービスをご利用してくださっているご家庭にも、
お問い合わせくださった方にも、
ご迷惑をおかけすることが多かったことと思います。

新年度は、しっかりと対応できるように努めたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。


そしてブログの更新も、気持ち新たにがんばりたいと思います!
実は、お問い合わせいただいた方から、

「ブログを読んでいたからか、電話がかけやすかった。」

「HPを大切にされているんだな~と思いました。」

という、嬉しいお言葉を頂戴いたしました♪

更新もなかなかできず、自分では反省ばかりしていたところですが…。

少しでも顔の見える家庭教師を目指して新年度もがんばっていきますので、
どうぞよろしくお願いします!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:27Comments(0)家庭教師業

2013年02月26日

桃の枝のお届けもの

先日、いつも利用している野菜の宅配便の中に、
桃の枝が入っていました。

旬の野菜たちの中に、春を告げる一枝。

もう2月も終わりに近付いているのに、
寒さはまだまだ続きます。

まだ蕾だけの枝ですが、
もう少し暖かくなって、花開くことを楽しみにしています。

高校受験、大学受験も、いよいよ大詰めです。
春になって、それぞれに希望の花が咲きますように。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  
タグ :桃の枝

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:31Comments(0)日常生活

2013年01月25日

駆け込み退職とモラル

3月1日付で退職金が削減されるため、
2月までの駆け込み退職をする教員がいる、との報道。

道徳を教える教師が、
3月末まで在籍するとわかっている生徒を放り出して、
退職金を得る。。
うーん、考えられません。
わざわざ3月1日付で削減する方もどうかと思いますが…。

教師って、学校という独特の空間で働いています。
それは一般企業とは明らかに異なり、
ある種、閉ざされた空間ともいえるわけです。

閉ざされた空間の中では、
偏った考え方でも通例であるという理由などでまかり通ってしまう。
…こともあります。残念ながら…。

私は、優秀な先生も、とても熱心に仕事する先生も知っています。
けれど、一般企業に勤める方から言わせると、「考え方もモラルも甘い!」んだそうです。
以前勤めていた私も、然り。
教師も、広い社会を知る機会があれば、変われるんでしょうか?




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:24Comments(0)教育

2013年01月21日

Skypeでの面接

ITの進歩というのは、本当に早い!!

私の高校時代にポケベルが流行り、
大学時代に携帯が普及し、
あれよあれよという間に、
携帯でインターネットができる昨今でございます。

カメラなどを使えばSkypeで無料ビデオ通話もできてしまう。

そのSkypeを利用して、イエガクでは教師面接を行っています。

私自身が、出産で外出できない期間があったため、
止むを得ず始めたことでした。
最初は試用段階だったのですが、
面接いただいた方に感想をきいてみるととても好評でした♪

交通費や移動の時間が節約できる。
環境が整っていれば、時間や場所を選ばない。
電話だけよりも顔が見えて安心。
とのこと。

本当は実際に出会って話すのが一番いい!と思っています。
でも、画像で顔が確認できるというのは、直接会っていなくても
思っていた以上に安心感がありました。

試用期間を経て、Skype面接を積極的に行うつもりです。

「詳しくはWebで」という宣伝文句が、IT格差を広げているという意見もありますね。
ただ、家庭教師という職種はその時代の生徒さんとともに変化していく部分も必要です。
教育自体も、IT化が加速していくと思います。


今後教師登録をされる方は、
ぜひSkype面接をご利用ください!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村


  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:46Comments(0)家庭教師業

2013年01月07日

あけましておめでとうございます!

少し遅くなりましたが、
あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

昨年の世相を表す一字は「金」でしたが、
今年はどんな年にしたいですか?

私の今年の一字は、「動」です!!
そんな一年にしたいという、今年の目標ですね。

考えてから行動するまで、とても時間のかかるのが私の欠点…。
今年は、何事も意識して初めの一歩を踏み出せるように、
常に「すぐ動く」をモットーに過ごしたいと思います!

フットワークを軽く!

転んでもいいから、挑戦する気持ちを大切に!


一年の計は元旦にあり。

元旦はもう過ぎましたが、
一年の目標を字にして、声にして、表してみましょう♪



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:21Comments(0)日常生活

2012年12月25日

1年を振り返って…

2012年も、あと1週間となりました。

1年を振り返ってみると、
私自身は6月の第三子出産が大きな転機だった気がします。

自分自身が指導に出られない現状だったので、
仕事の中身としては少し寂しかったのが本音。

でも、人間が産まれるということの不思議と喜び、
そして三人目ならではのリラックスした育児、
じっくり子どもと関わることの大変さと楽しさなど、
いろいろなことを感じました。


そして、たくさんの人に支えられているのだということも。


まだしばらくスローペースの仕事が続きますが、
今できることを全力でやっていくつもりです!

どうぞよろしくお願いします♪



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  
タグ :振り返り

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:41Comments(0)日常生活

2012年11月28日

選挙戦の行方…

連日、テレビでも新聞でも選挙戦の行方…というより、
政党がくっつくだのまとまらないだのということが
報道されている。

マニフェストが発表されたが、
公約が公約でなくなっている現状を見ていると、
本当に信じられるのか甚だ疑問である。

そこへ日本未来の党による脱原発政党誕生!

脱原発だけを目的に政党を結成するのはいかがなものか、
という批判意見もあるだろう。

でも、私にとってみれば「待っていました!」という心境なのだ。

確かに脱原発だけで政治を語ることはできない。
TPPだって、経済だって、社会保障や外交問題だって、
本当に課題は山積みだから。

でも、「脱原発」という1本の軸をしっかり通すことで、
日本の未来の姿というのが少しずつ鮮明になってはこないだろうか?
農業も産業も衰退するばかりではない。
日本がどういう国を目指すのかがはっきりすれば、
そこにチャンスやアイデアが出てくるのではないだろうか?

ころころと変わる首相や大臣、
一部の利権者のみが潤う政策、
今後2,3年の見通しすら立たない政治ではなく、
どーんと10年後、20年後、30年後が見える政治をしてほしい。


脱原発のデモがこんなに繰り広げられているのに、
原発推進している政党や値上げを申請している電力会社、
一体誰を擁護しているのか???




政治の話、家族や友達としていますか?
選挙権のない20歳未満の若い人たち(小学生だって)にも、
政治の話をして、自分の意見を主張してほしいと思います。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:30Comments(0)社会情勢

2012年11月07日

適切な教育費っていくら?

子どもの教育費…親にとっては頭を悩ませる問題です。

所得格差が広がるこの頃では、
子どもにかける教育費も両極化しているとか。
本当に子どものためになるのは何か?
答えのない問いですね。


ある家計診断士によると、

手取り所得に占める教育費の比率は(学年や所得にもよるが)、
一般的には小学生1人程度なら5~7%以内、
受験生や高校生がいる家庭でも15%以内に抑えたいところ

…だそうです。

参考までに♪


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:05Comments(0)教育

2012年11月02日

発達障がいに関する知識

先日私が住む市の広報で、
「知ってほしい。―発達障がいのこと―」という題で、
8ページに渡って特集が組まれていました。

発達障がいの特徴や、それに合わせた対処法なども紹介してありましたし、
家族の方の声や、専門家の解説などもありました。

当時者や家族、専門家、教育に携わる者は、
発達障がいに関する知識はもっています。

が、普段あまり接点のない方にとっては、
知識を得る機会やきっかけもないかもしれません。

そういった意味で、市の広報という公の発行物に特集が組まれるというのは、
本当に重要なことだなあと感じました。


私が障がい児教育に興味をもったのは、
中学生のときのある体験がきっかけでした。

毎週、習い事にバスを利用していたのですが、
同じバスの利用者の中に、障がいのある方がいらっしゃいました。
乗っている間じろじろこちらを見られていたのが、とても怖かったのです。

なぜ怖いと感じるのか。そんな自分が許せない…。
その思いがずっと残っていた私は、
「怖いと感じるのは、きっと自分が障がいについて知らないからだ!」
と考え、大学生になったときに勉強することにしました。

そう、知らないでいることほど恐ろしいことはありません。
勉強するに従って、そして障がいのある子どもに接するに従って、
怖いなんて思っていた気持ちはどこかへ消えてしまいました。


普段発達障がいのある子と直接関わりのない方でも、
知識が少しあるだけで、関わり方が変わってくると思います。

広く知られるようになるといいなと思います。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:07Comments(0)教育

2012年11月01日

誰でもわかる「放射線・原発・エネルギー」基礎講座

知り合いから、原発に関する講座へのお誘いがありました。

興味もあって行きたいのは山々だけど、
0歳児を含む子どもを3人連れて、夜の名古屋はなかなか厳しい…。

というわけで、もしこのブログに訪れてくださる方の中で、
興味がある方がいらしたら…との思いで、宣伝させていただきます!

以下、講座詳細の転載です。
=============


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆ 誰でもわかる「放射線・原発・エネルギー」基礎講座 ☆☆☆☆
    2回目 放射線とはどんなものか? どんな人体影響があるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 放射線とはどのようなものなのか。素人にもわかるように解説いただきます。
 また専門家として今の状態をどう考えているのかについても語っていただきます。

■ 日 時:2012年 11月 7日(水)18:30~20:00

■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(鶴舞) 6階 大ホール
     (名古屋市中区千代田5-14-22)
      JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ
      地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100メートル

     (アクセス)http://www.chubu.ac.jp/location/
     ※ 会場へはJRや地下鉄などの公共交通機関をご利用ください。

■ 講 師:沢田 昭二(名古屋大学 名誉教授)
     〈講師のプロフィール… ホームページhttp://chu-ene.net/に掲載〉

■ 定 員:60名
      ★託児サービス承ります。
       事前に「託児希望」の旨をお伝えください。(当日不可)

■ 受講料:資料代として300円のご協力をお願いします。

■ お申し込み
  HP(http://chu-ene.net/)の「参加フォーム」からお申込みください。
  ※ 当日参加も可能ですが、定員を上回る場合は立ち見、または入場を
   お断りすることもございます。事前の申込みにご協力ください。

■ お問い合わせ
  中部エネルギー市民会議 事務局
  名古屋市中区富士見町9-16 有信ビル2F内
 office@chu-ene.net


★ 3回目以降のスケジュール…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3回目 原子力発電の見方を12の視点から整理してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済、電力不足、放射線、コスト、代替エネルギーの可能性など、さま
ざまな視点から原発のとらえ方を整理し、判断材料を提供します。

■ 日 時:2012年 12月 5日(水)18:30~20:00
■ 講 師:楠美 順理(中京大学 国際教養学部 准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4回目 見えないエネルギーが見えるようになる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エネルギーとは一体何なのか? 物理学の専門家が一般の人に理解できる
よう工夫した基礎講座。

■ 日 時:2013年 1月 16日(水)18:30~20:00
■ 講 師:高野 雅夫(名古屋大学大学院 環境学研究科 准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5回目 経済活動とエネルギーの関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暮らしと産業にとって、エネルギーはどうかかわっているのかを探ります。

■ 日 時:2013年 2月 13日(水)18:30~20:00
■ 講 師:木船 久雄(名古屋学院大学 学長)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6回目 エネルギーのこれからは誰が決めるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちの暮らしを支えているエネルギーを誰がどのように決めていった
らよいのか。海外の事例紹介を含め将来の決め方を探ります。

■ 日 時:2013年 2月 27日(水)18:30~20:00
■ 講 師:竹内 恒夫(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)
      杉山 範子(名古屋大学 特任准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7回目 この地域のエネルギーと私たちはどう向き合うのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講座企画者の「中部エネルギー市民会議」のメンバーと受講生全員で
車座トーク。この地域のエネルギーをどうしたらよいのかについて語
り合います。

■ 日 時:2013年 3月 6日(水)18:30~20:00
■ 講 師:松原 武久(元名古屋市長)
      萩原 喜之(地域の未来・支援センター 理事長)
      今尾 忠之(中部電力 原子力部・環境部OB)
      飯尾 歩 (中日新聞 論説委員)
      その他、中エネ会議の呼びかけ人 数名
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)


==============

以上です。

少しでも多くの人が興味をもってくれるといいな。




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:47Comments(0)その他

2012年10月26日

科学絵本のすすめ

私は幼いころから本が好きで、
ずっと読書と親しんできた。

けれど、私の読書記録には物語がずら~っと並んでおり、
理系と言われる科学分野には興味のかけらも持っていなかった。

それを。

なんてもったいない!!!

と思うこのごろ。


我が子が「科学絵本」と言われる分野の本が大好きで、夢中になって読んでいる。
一緒に読むうちに、私もすっかり科学絵本のすばらしさに魅了されてしまったのだ!

科学といっても、そんなに難しい内容ではない。
身の回りの不思議を解き明かしていく本、と言い換えれば、
なんともおもしろそうではないか?

科学絵本の魅力に気づかなかった反省も含め、
絵本講座では科学絵本はおすすめですよ!と声を大にして話している。

幼いころにこういった絵本に親しむことは、
子どもの理科離れを防ぐ一つの手段だと思う。
「科学絵本に興味を持つのは小学4年生くらいまで」とも言われているので、
それまでに楽しさを味わわせてあげたい。

もちろん、大人が読んでも読み応え十分なので、ぜひおすすめです!!
まずこちらの解説書を読めば、絶対に読みたくなりますよ~♪






応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 10:49Comments(0)教育

2012年10月24日

保育士の方向け絵本講座

先日は、第三子出産後初の絵本講座でした。

保育士の方向けの講座で、参加者はみな保育士さん!
普段から、子どもや絵本と関わってこられた方ばかり。
今後の活動に活かせるように…話す私も力が入ります。

久々の講座で、私自身は反省の多い内容でした…。


それでも、先ほど送られてきた感想を読んでいると、


「普段は読み聞かせる方だけど、読み聞かせをしてもらえて楽しかった♪」

「絵本の選び方、読み方が参考になった」

「心の井戸の話が心に残った」

「参考図書を全て読みたい!」


などなど、講座を楽しんでもらい、かつ今後の保育に積極的に活かしたいというものが多く、
私もほっと胸をなでおろしたのでした♪


それにしても、いつも受講者の方の感想には私が励まされています。
ありがとうございました!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:22Comments(0)絵本講師

2012年10月23日

我が子の勉強

家庭教師として、他人の子どもを教えるのが私の仕事です。

では、はたして自分が小学生の親になったとき、
私はどんな親となるのか。
そして我が子の勉強に対してどんな反応を示すのか。

なんとなく、自分でもとても興味深い。
(あと半年もすれば、私は小学生の母なのです♪)


ちなみに保育園児の母となった私は、
予想通り何も勉強を教えておりません。

一度だけ鏡文字になっている字を見て
「この字が反対だよ~」と軽く声をかけたことがあります。

その時、あまりそのことを歓迎しないように「いいの!!」と返されたので、
否定されたように感じたのかな~?と思い、それ以来声をかけなくなりました。
鏡文字でもなんでも、書くことが楽しいんでしょうね。


しかし、子どもはたくましい。

平仮名を読み、カタカナを読み、自分で字を書いて絵にお話をつけている!
地図を貼っておけば気になった地名を調べ、
虫を捕まえては図鑑で調べる。

そんな我が子の姿を見ながら、
「教える」ってなんなんだろうな~と思うこのごろ。

インディヘナは、「教える」という言葉がないと本で読んだことがあります。
子どもは大人を見て、真似をしながら身につけるんだとか。

そういう能力は、みな生まれながら持っているのに違いない。
その能力、ぜひ活かして楽しく学んでほしいものです。


最近は次男(年少)が文字に目覚め始め、
暇さえあれば紙をだしてきて、何やらつらつら文字らしきものを書いたり、
そこらへんの文字を読んだりしている。


子どもは3人いるので、3通りの教育方針でいってみるのもいいけど…なんて思いつつ(笑)、
我が子の勉強を見守る母です。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:12Comments(0)教育

2012年10月22日

中学生になると学力が「見える」?!

学力が「見える」とは、
客観的な数値として出てきたときに感じることです。

中学校では、テストの点数、席次、通知票、
いたるところに数値が並びます。

絶対評価といいつつも、
そこには「周りの中学生と比べて自分はどうか」といった
相対的な評価が見えてくる。
席次はその典型です。

小学校ではそこまで気にしなかったのに、
中学校でのテスト結果を見て、急に「なんだこれは?!」と驚く方が多いそうで…。

ここでいう学力というのは、
もちろんテストなどの数値が高いか低いか、というもに限定していますが。。

あわてて塾や家庭教師などを探す方もいらっしゃるかもしれませんが、
そこで大切なのは、

「どこまで戻る必要があるか見極めること、そして確実に戻ること」

だと思います。


本来なら、小学校のときに感じた苦手はその時に解決しておくべきですが、
小学校ではそれほど相対評価は見えませんし気になりません。
そこで、「まあまあできてるんじゃないの?」と油断してしまうんですね~。

小学校で習うことは、その子の基礎となります。
中学校に入って初めて気づくのではなく、
本当は小学校のうちに気づいてあげてほしい。

早く戻れば戻るほど、巻き返しも早いです!

子どもにとったら、中学校で急に競争モードに入るので違和感があるでしょうね…。

その違和感をできるだけ早くなくせるよう、
基礎固めは確実に。

気づいたら早目早目につまずきをなくしていきましょう!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:36Comments(0)教育

2012年10月15日

シニアの趣味

私の母は、ずっとママさんソフトボールに参加していました。
現在60歳過ぎて数年…。
今も現役選手(?!)です。

その母が、なんと50歳以上のシニアの部で全国大会に出ることになりました!

普段は祖母の介護で家を空けられない母ですが、
今回ばかりは周囲の協力を得て、
めでたく全国大会に出場することができたのでした。

今年の開催地が愛知県だったこともあり、
先週末応援に行ってきました!

50歳以上のシニアの中には、
もう70歳近くになっている方もいらして、
自分の趣味をこんなにも長い間続けているなんてすごい!!と思わずにいられませんでした。

私も小学生のときにソフトボールをやっていて、
大学生のときにママさんソフトに混ぜてもらってもいましたが、
結局継続はしていません。

好きなことをずっと続けて来て、
最後に全国大会に出られるなんて!
母は本当に幸せ者だな~と思うと同時に、羨ましくもなりました。


そして、なんと1回戦に勝利!
続く2回戦は一点差で惜敗だったそうです。
(子どもたちがいるので、2回戦は見られなかったのですが…。)


私もシニア世代になったときに、
「これぞ」と思う何かを継続できていたらいいなあ。
そんなことを思った週末でした。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:36Comments(0)家族