プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2009年11月30日

子育てについて

私は二人の息子がいますので、
子育てについていろいろ悩むことが多いです。

そんなときは、知り合いの保育士さんに相談してみたり、
子育てに関する本を読んでみたり。

でーんと大きく構えて
おおらかな気持ちで接することができたら
それが一番だと思うのですが、
やっぱり感情的になってしまうこともあります。。

そこで最近考えるのが、
「親は港であればいい。
 子どもを愛しているという気持ちを伝えることを忘れずに、
 子どもが外の世界を冒険して立ち止まってしまったときに
 帰ってこられる存在であればいい。」
ということです。

あまり多くのことを考えすぎると口うるさくなってしまうので(笑)、
そのことだけ胸においておくようにしています。

影響を受けた本はこちら。

抱きしめてあげて―育てなおしの心育て抱きしめてあげて―育てなおしの心育て
(2005/12)
渡辺 久子

商品詳細を見る
 

子育てのノウハウ本とは一線を画しています。
子育てってなんだろう?という根本的なところに立ち戻って
考えさせられますよ。

心育て・・・すてきな言葉です。

タグ :子育て

同じカテゴリー(教育)の記事
経済格差と学力格差
経済格差と学力格差(2014-06-26 14:02)

読書の秋
読書の秋(2013-09-26 14:02)

2学期のはじまり
2学期のはじまり(2013-09-02 15:14)

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 06:27│Comments(0)教育
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。