プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2013年06月25日

時計の学習~日常生活と学習~

新しく担当し始めた生徒さんは、
時計の学習が苦手なようです。

お母様は、「まだ時計がちゃんと読めなくて…恥ずかしいです」と
おっしゃっていましたが、時計の概念は実はとてもややこしい!!

普段使うのは10進法なのに時計は60進法であるし、
1日は24時間なのに時計の文字盤には12までの数字しかないし、
さらに時刻と時間という異なった概念を同時に見につけないといけない。

読めるようになった大人にとっては簡単でも、
子どもにとってはそうではないんですよ。

でも、そんなややこしいことを考えなくとも、
時計はよめるようになります!
必要は発明の母というのと同じで、
必要に迫られるほど知識だって身につくのです。

最初は時刻から覚えるといいですね。

(1)「○時」という明確な読み方を覚える
(2)「○時半(30分)」という読み方を覚え、短い針が数字と数字の間にあるときに何を基準に読むか覚える

まずこの段階をクリアしたら

(3)長い針は60に分かれていることを覚えて、「○時○分」という読み方を覚える

ここが一番難しい…なんせ文字盤の数字と読み方が異なるのだから。
身に付かないと感じるときは、
分の読み方を書きいれたものを提示し、視覚的に理解するといいと思います。
あとは、ことあるごとに何分なのか聞きましょう。
生活の中で使うからこそ覚えが早くなりますよ。

(4)正午を境に午前と午後があることを覚える


ここまででひと段落。
時刻の概念は身についたでしょうか。

生活の中で、「今何時?」と読み方を随時確認できるのはご家庭だけですよね。
好きなテレビ番組が始まる時刻、夕食の開始時刻、寝る時刻…いろいろな場面を活用しましょう。

そして、アナログで1~12の数字がきちんと書いてある時計が家にあるといいですね。
ない場合は買った方がいいくらいだと思います(笑)。

ここまでで大切なのは、「時刻」と「時間を」混ぜて教えないこと!
時間の感覚は、低学年の子どもにとってないに等しいものかもしれません。
大人でも、退屈な時間は長く感じ、楽しい時間は短く感じます。
あと10分の感覚を小学生が身につけるのは、高学年になってからじゃないかなあ…。
まずは時刻を読む!
それができると次に「時間」の学習です。

というわけで、「時間」の学習に関しては、次回に続きます!




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



同じカテゴリー(勉強方法)の記事
ローマ字を覚える
ローマ字を覚える(2011-10-14 13:07)

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:40│Comments(0)勉強方法
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。