プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2014年06月26日

経済格差と学力格差

先日、ある調査結果を読んでいて愕然としました。
それはユニセフイノチェンティ研究所が調査・公開しているデータ「先進国における幸福度調査」です。

日本の調査結果を合わせて世界31カ国を比較したデータが2013年に公開され、「子どもの幸福度」について主に5つの視点から語られています。

結果からいえば、日本は総合で6位にランクインしているのですが、なんと「物質的豊かさ(子どもの貧困)」においては21位であったのです。子どもの貧困について、いや、子どもだけでなく雇用の不安や社会の閉塞感が語られていますが、まさか子どもの貧困がこんなに顕著にデータで現れていたなんて。。

経済格差が学力格差につながっているという話は、もう今や当たり前になっています。

願わくば、家族の経済状態が子どもたちの学力、ひいては進路を左右することがないといいのですが。

日本は物質的に豊かであり、教育水準は高い。

そう漠然と考えていたのですが、それも様変わりしているのでしょうか。

もっともっと社会のこと、子どものことを、よく見ていかないといけないなあと思った出来事でした。


しばらくブログの更新が滞っていましたが、また気持ち新たに綴っていけたらと思います。

もしよろしければ、これからもおつきあいくださいませ!

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:02Comments(0)教育