プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年11月28日

選挙戦の行方…

連日、テレビでも新聞でも選挙戦の行方…というより、
政党がくっつくだのまとまらないだのということが
報道されている。

マニフェストが発表されたが、
公約が公約でなくなっている現状を見ていると、
本当に信じられるのか甚だ疑問である。

そこへ日本未来の党による脱原発政党誕生!

脱原発だけを目的に政党を結成するのはいかがなものか、
という批判意見もあるだろう。

でも、私にとってみれば「待っていました!」という心境なのだ。

確かに脱原発だけで政治を語ることはできない。
TPPだって、経済だって、社会保障や外交問題だって、
本当に課題は山積みだから。

でも、「脱原発」という1本の軸をしっかり通すことで、
日本の未来の姿というのが少しずつ鮮明になってはこないだろうか?
農業も産業も衰退するばかりではない。
日本がどういう国を目指すのかがはっきりすれば、
そこにチャンスやアイデアが出てくるのではないだろうか?

ころころと変わる首相や大臣、
一部の利権者のみが潤う政策、
今後2,3年の見通しすら立たない政治ではなく、
どーんと10年後、20年後、30年後が見える政治をしてほしい。


脱原発のデモがこんなに繰り広げられているのに、
原発推進している政党や値上げを申請している電力会社、
一体誰を擁護しているのか???




政治の話、家族や友達としていますか?
選挙権のない20歳未満の若い人たち(小学生だって)にも、
政治の話をして、自分の意見を主張してほしいと思います。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:30Comments(0)社会情勢

2012年11月07日

適切な教育費っていくら?

子どもの教育費…親にとっては頭を悩ませる問題です。

所得格差が広がるこの頃では、
子どもにかける教育費も両極化しているとか。
本当に子どものためになるのは何か?
答えのない問いですね。


ある家計診断士によると、

手取り所得に占める教育費の比率は(学年や所得にもよるが)、
一般的には小学生1人程度なら5~7%以内、
受験生や高校生がいる家庭でも15%以内に抑えたいところ

…だそうです。

参考までに♪


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:05Comments(0)教育

2012年11月02日

発達障がいに関する知識

先日私が住む市の広報で、
「知ってほしい。―発達障がいのこと―」という題で、
8ページに渡って特集が組まれていました。

発達障がいの特徴や、それに合わせた対処法なども紹介してありましたし、
家族の方の声や、専門家の解説などもありました。

当時者や家族、専門家、教育に携わる者は、
発達障がいに関する知識はもっています。

が、普段あまり接点のない方にとっては、
知識を得る機会やきっかけもないかもしれません。

そういった意味で、市の広報という公の発行物に特集が組まれるというのは、
本当に重要なことだなあと感じました。


私が障がい児教育に興味をもったのは、
中学生のときのある体験がきっかけでした。

毎週、習い事にバスを利用していたのですが、
同じバスの利用者の中に、障がいのある方がいらっしゃいました。
乗っている間じろじろこちらを見られていたのが、とても怖かったのです。

なぜ怖いと感じるのか。そんな自分が許せない…。
その思いがずっと残っていた私は、
「怖いと感じるのは、きっと自分が障がいについて知らないからだ!」
と考え、大学生になったときに勉強することにしました。

そう、知らないでいることほど恐ろしいことはありません。
勉強するに従って、そして障がいのある子どもに接するに従って、
怖いなんて思っていた気持ちはどこかへ消えてしまいました。


普段発達障がいのある子と直接関わりのない方でも、
知識が少しあるだけで、関わり方が変わってくると思います。

広く知られるようになるといいなと思います。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:07Comments(0)教育

2012年11月01日

誰でもわかる「放射線・原発・エネルギー」基礎講座

知り合いから、原発に関する講座へのお誘いがありました。

興味もあって行きたいのは山々だけど、
0歳児を含む子どもを3人連れて、夜の名古屋はなかなか厳しい…。

というわけで、もしこのブログに訪れてくださる方の中で、
興味がある方がいらしたら…との思いで、宣伝させていただきます!

以下、講座詳細の転載です。
=============


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆ 誰でもわかる「放射線・原発・エネルギー」基礎講座 ☆☆☆☆
    2回目 放射線とはどんなものか? どんな人体影響があるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 放射線とはどのようなものなのか。素人にもわかるように解説いただきます。
 また専門家として今の状態をどう考えているのかについても語っていただきます。

■ 日 時:2012年 11月 7日(水)18:30~20:00

■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(鶴舞) 6階 大ホール
     (名古屋市中区千代田5-14-22)
      JR中央本線「鶴舞」駅名大病院口(北口)下車すぐ
      地下鉄「鶴舞」駅下車北へ約100メートル

     (アクセス)http://www.chubu.ac.jp/location/
     ※ 会場へはJRや地下鉄などの公共交通機関をご利用ください。

■ 講 師:沢田 昭二(名古屋大学 名誉教授)
     〈講師のプロフィール… ホームページhttp://chu-ene.net/に掲載〉

■ 定 員:60名
      ★託児サービス承ります。
       事前に「託児希望」の旨をお伝えください。(当日不可)

■ 受講料:資料代として300円のご協力をお願いします。

■ お申し込み
  HP(http://chu-ene.net/)の「参加フォーム」からお申込みください。
  ※ 当日参加も可能ですが、定員を上回る場合は立ち見、または入場を
   お断りすることもございます。事前の申込みにご協力ください。

■ お問い合わせ
  中部エネルギー市民会議 事務局
  名古屋市中区富士見町9-16 有信ビル2F内
 office@chu-ene.net


★ 3回目以降のスケジュール…

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3回目 原子力発電の見方を12の視点から整理してみる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済、電力不足、放射線、コスト、代替エネルギーの可能性など、さま
ざまな視点から原発のとらえ方を整理し、判断材料を提供します。

■ 日 時:2012年 12月 5日(水)18:30~20:00
■ 講 師:楠美 順理(中京大学 国際教養学部 准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4回目 見えないエネルギーが見えるようになる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
エネルギーとは一体何なのか? 物理学の専門家が一般の人に理解できる
よう工夫した基礎講座。

■ 日 時:2013年 1月 16日(水)18:30~20:00
■ 講 師:高野 雅夫(名古屋大学大学院 環境学研究科 准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5回目 経済活動とエネルギーの関係
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
暮らしと産業にとって、エネルギーはどうかかわっているのかを探ります。

■ 日 時:2013年 2月 13日(水)18:30~20:00
■ 講 師:木船 久雄(名古屋学院大学 学長)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
6回目 エネルギーのこれからは誰が決めるのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私たちの暮らしを支えているエネルギーを誰がどのように決めていった
らよいのか。海外の事例紹介を含め将来の決め方を探ります。

■ 日 時:2013年 2月 27日(水)18:30~20:00
■ 講 師:竹内 恒夫(名古屋大学大学院 環境学研究科 教授)
      杉山 範子(名古屋大学 特任准教授)
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7回目 この地域のエネルギーと私たちはどう向き合うのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講座企画者の「中部エネルギー市民会議」のメンバーと受講生全員で
車座トーク。この地域のエネルギーをどうしたらよいのかについて語
り合います。

■ 日 時:2013年 3月 6日(水)18:30~20:00
■ 講 師:松原 武久(元名古屋市長)
      萩原 喜之(地域の未来・支援センター 理事長)
      今尾 忠之(中部電力 原子力部・環境部OB)
      飯尾 歩 (中日新聞 論説委員)
      その他、中エネ会議の呼びかけ人 数名
■ 会 場:中部大学 名古屋キャンパス(予定)


==============

以上です。

少しでも多くの人が興味をもってくれるといいな。




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:47Comments(0)その他