プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年10月26日

科学絵本のすすめ

私は幼いころから本が好きで、
ずっと読書と親しんできた。

けれど、私の読書記録には物語がずら~っと並んでおり、
理系と言われる科学分野には興味のかけらも持っていなかった。

それを。

なんてもったいない!!!

と思うこのごろ。


我が子が「科学絵本」と言われる分野の本が大好きで、夢中になって読んでいる。
一緒に読むうちに、私もすっかり科学絵本のすばらしさに魅了されてしまったのだ!

科学といっても、そんなに難しい内容ではない。
身の回りの不思議を解き明かしていく本、と言い換えれば、
なんともおもしろそうではないか?

科学絵本の魅力に気づかなかった反省も含め、
絵本講座では科学絵本はおすすめですよ!と声を大にして話している。

幼いころにこういった絵本に親しむことは、
子どもの理科離れを防ぐ一つの手段だと思う。
「科学絵本に興味を持つのは小学4年生くらいまで」とも言われているので、
それまでに楽しさを味わわせてあげたい。

もちろん、大人が読んでも読み応え十分なので、ぜひおすすめです!!
まずこちらの解説書を読めば、絶対に読みたくなりますよ~♪






応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 10:49Comments(0)教育

2012年10月24日

保育士の方向け絵本講座

先日は、第三子出産後初の絵本講座でした。

保育士の方向けの講座で、参加者はみな保育士さん!
普段から、子どもや絵本と関わってこられた方ばかり。
今後の活動に活かせるように…話す私も力が入ります。

久々の講座で、私自身は反省の多い内容でした…。


それでも、先ほど送られてきた感想を読んでいると、


「普段は読み聞かせる方だけど、読み聞かせをしてもらえて楽しかった♪」

「絵本の選び方、読み方が参考になった」

「心の井戸の話が心に残った」

「参考図書を全て読みたい!」


などなど、講座を楽しんでもらい、かつ今後の保育に積極的に活かしたいというものが多く、
私もほっと胸をなでおろしたのでした♪


それにしても、いつも受講者の方の感想には私が励まされています。
ありがとうございました!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:22Comments(0)絵本講師

2012年10月23日

我が子の勉強

家庭教師として、他人の子どもを教えるのが私の仕事です。

では、はたして自分が小学生の親になったとき、
私はどんな親となるのか。
そして我が子の勉強に対してどんな反応を示すのか。

なんとなく、自分でもとても興味深い。
(あと半年もすれば、私は小学生の母なのです♪)


ちなみに保育園児の母となった私は、
予想通り何も勉強を教えておりません。

一度だけ鏡文字になっている字を見て
「この字が反対だよ~」と軽く声をかけたことがあります。

その時、あまりそのことを歓迎しないように「いいの!!」と返されたので、
否定されたように感じたのかな~?と思い、それ以来声をかけなくなりました。
鏡文字でもなんでも、書くことが楽しいんでしょうね。


しかし、子どもはたくましい。

平仮名を読み、カタカナを読み、自分で字を書いて絵にお話をつけている!
地図を貼っておけば気になった地名を調べ、
虫を捕まえては図鑑で調べる。

そんな我が子の姿を見ながら、
「教える」ってなんなんだろうな~と思うこのごろ。

インディヘナは、「教える」という言葉がないと本で読んだことがあります。
子どもは大人を見て、真似をしながら身につけるんだとか。

そういう能力は、みな生まれながら持っているのに違いない。
その能力、ぜひ活かして楽しく学んでほしいものです。


最近は次男(年少)が文字に目覚め始め、
暇さえあれば紙をだしてきて、何やらつらつら文字らしきものを書いたり、
そこらへんの文字を読んだりしている。


子どもは3人いるので、3通りの教育方針でいってみるのもいいけど…なんて思いつつ(笑)、
我が子の勉強を見守る母です。



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:12Comments(0)教育

2012年10月22日

中学生になると学力が「見える」?!

学力が「見える」とは、
客観的な数値として出てきたときに感じることです。

中学校では、テストの点数、席次、通知票、
いたるところに数値が並びます。

絶対評価といいつつも、
そこには「周りの中学生と比べて自分はどうか」といった
相対的な評価が見えてくる。
席次はその典型です。

小学校ではそこまで気にしなかったのに、
中学校でのテスト結果を見て、急に「なんだこれは?!」と驚く方が多いそうで…。

ここでいう学力というのは、
もちろんテストなどの数値が高いか低いか、というもに限定していますが。。

あわてて塾や家庭教師などを探す方もいらっしゃるかもしれませんが、
そこで大切なのは、

「どこまで戻る必要があるか見極めること、そして確実に戻ること」

だと思います。


本来なら、小学校のときに感じた苦手はその時に解決しておくべきですが、
小学校ではそれほど相対評価は見えませんし気になりません。
そこで、「まあまあできてるんじゃないの?」と油断してしまうんですね~。

小学校で習うことは、その子の基礎となります。
中学校に入って初めて気づくのではなく、
本当は小学校のうちに気づいてあげてほしい。

早く戻れば戻るほど、巻き返しも早いです!

子どもにとったら、中学校で急に競争モードに入るので違和感があるでしょうね…。

その違和感をできるだけ早くなくせるよう、
基礎固めは確実に。

気づいたら早目早目につまずきをなくしていきましょう!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:36Comments(0)教育

2012年10月15日

シニアの趣味

私の母は、ずっとママさんソフトボールに参加していました。
現在60歳過ぎて数年…。
今も現役選手(?!)です。

その母が、なんと50歳以上のシニアの部で全国大会に出ることになりました!

普段は祖母の介護で家を空けられない母ですが、
今回ばかりは周囲の協力を得て、
めでたく全国大会に出場することができたのでした。

今年の開催地が愛知県だったこともあり、
先週末応援に行ってきました!

50歳以上のシニアの中には、
もう70歳近くになっている方もいらして、
自分の趣味をこんなにも長い間続けているなんてすごい!!と思わずにいられませんでした。

私も小学生のときにソフトボールをやっていて、
大学生のときにママさんソフトに混ぜてもらってもいましたが、
結局継続はしていません。

好きなことをずっと続けて来て、
最後に全国大会に出られるなんて!
母は本当に幸せ者だな~と思うと同時に、羨ましくもなりました。


そして、なんと1回戦に勝利!
続く2回戦は一点差で惜敗だったそうです。
(子どもたちがいるので、2回戦は見られなかったのですが…。)


私もシニア世代になったときに、
「これぞ」と思う何かを継続できていたらいいなあ。
そんなことを思った週末でした。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:36Comments(0)家族

2012年10月11日

子どもと社会性

次男は、保育園の顔と家の顔が、かなり違います。

保育園でははりきりお兄ちゃん。(生まれ月が早いので)
家ではわがままが大暴走している怒りんぼ。

助産師さんとお話する機会があったので、
そのことを相談してみました。

するとその助産師さんは、
「保育園できちんとできているということは、本当はどうすればいいかわかっているんです。
 家でのわがままはある程度あって当然。行き過ぎの部分は成長と共になくなってきますよ。
 保育園と家の顔が違うのは、社会性が育っている証拠です。」
とおっしゃいました。


外面がいい、とも言いますが(笑)、
それを「社会性が育っている」と言い換えれば長所のように聞こえるから不思議ですね。


たまに冗談で、
「○○先生に、家でこんなんしてます~って相談してみようかなあ。」と次男に言うと、
「家でのことは言っちゃダメなの~。」
と言います。

先生にはいいところを見せたいのです。


今学校では、「周りの空気を読む」ことを重視する人間関係が一般的です。
特に思春期にさしかかる小学校高学年から中学校では。
対大人というよりも、対友人ですね。
それは社会性とも言い換えられるのでしょうか?

ちなみに社会性の対義語はあるのかと調べてみましたが、それはないようです。

空気を読むために苦しい思いをして、
空気が読めないために苦しい思いをする。
そんな葛藤をもっている子も多いはず。

社会性を身につけるとともに、
自分に自信をもつことが必要なんだろうな。

自分は自分。



とりあえず、うちの次男君には、
家でも協調性をもって生活できるように成長してくれることを願います…。


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:49Comments(0)教育

2012年10月10日

時価1300億円の金鉱床!

「鹿児島に時価1300億円の金鉱床発見」との見出しを読み、
思わず詳細を全て読んでしまいました!

住友金属鉱山が、菱刈鉱山(鹿児島県伊佐市)に新たな金の鉱床を確認し、
2018年から採掘を始めるのだとか。

金の採掘が日本で行われていることに、まずびっくり!
炭鉱の閉鎖などが時代と共に進んできたので、
鉱山の採掘自体が、もう行われていないもんだと思っていました。

私は、まだまだ社会のことを知らないな~icon10

約32億円を投資して採掘するということに、また驚く。
すごい投資額…。
でも時価1300億円だというから…そんなものなのでしょうか?
多額すぎて実感が伴わない。


でも、よく考えると震災の復興予算が19兆円なんだもんな~。
これこそ一般市民の金銭感覚ではぴんとこない。
だから、あんなにずさんな管理がされているんだろうか…。


金銭感覚は、額が大きくてもぴんとくるようにしておかないと。
村上龍の、『あの金で何が買えたか』でも読み返そうかな。






応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  
タグ :金鉱採掘

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:05Comments(0)社会情勢

2012年10月09日

息子の運動会

先週末、保育園の運動会が開催されました!

年長組の長男は、保育園最後の運動会。
今年はリレーあり、団体演遊あり、と見所満載です。

年少組の次男は、かけっこと親子演遊。
こちらも張り切っています。


実は、普段あまり保育園の様子を家で話さない長男くん。
無口…というのではないけれど、
あーだこーだと自分の話をすることにあまり興味がない様子。
(それに比べると、次男はいろんな話をしてくれます。
 これは性格の違いかな~?)

しかし、運動会の話は家でも比較的よくしてくれました!
身体を動かすのが大好きな長男、
みんなの前で発表するのは苦手なはずですが、運動会は別なんですね。
団体演遊の曲は、「銀河鉄道999」(EXILEバージョン)♪
最後の決めポーズが大好きで、家でもよく踊っていました。


さて本番。

次男のかけっこ、長男と夫の大玉ころがし、次男と私の親子演遊。
それぞれにがんばっている姿を見せてくれました。

そして長男のリレーが始まった。

黄色組対白組の全員リレー。
みんな緊張と興奮が入り混じった表情をしています。
第1走者のじゃんけんでインコースとアウトコースを決め、位置について、よーいどん!!

長男は黄色組。なので、黄色を応援する。
だけどチームなんて関係なく、本当にみんな素敵!
一生懸命腕を振って、歯を食いしばっての全力疾走。

こんなにしっかり走れるようになったんだね。
みんなで力を合わせて勝ちを目指すことの楽しさを知ったんだね。
ルールを守って公平に勝負することの大切さを教わったんだね。

応援しながら、こちらも感動で胸がうたれます。

勝負は、2回バトンを落としてしまった黄色組が負けてしまいました。
泣きじゃくっている黄色組の子もいました。
泣くほど必死に頑張ったって、それはすごいことじゃないか?!
思わず私ももらい泣きしてたりして…。


その後もプログラムは滞りなく進み、最後は年長組による「銀河鉄道999」!
音楽と笛に合わせて座ったり、立ったり、フラッグを振って踊ります。
単純な動きですが、子どもたちの表情は真剣そのもの。
今まで練習してきた踊りを一生懸命披露してくれました。
終わった時の、満足そうな顔!!
本当にすてきな運動会でした。



今、学校の行事が次々と減ってきています。
週休2日制に加え、指導要領の変更で指導内容が大幅に増え、
行事どころじゃないよ~というのが学校側の本音かもしれません。

もちろん学校は勉強するところであり、
学力をつけることが第一の目的。

でも、それなら勉強以外のものは無駄なのか??
行事は時間の無駄なのか?…私はそうは思いません。



運動が苦手で運動会の練習が苦痛でしょうがない子もいれば、
運動会は自分の舞台だと思うほど楽しみにしている子もいる。

まあ、いろんな子がいます。


学校という集団生活でなければ経験できないことを通して、
好き・嫌い・得意・不得意に気付き、自分と言う人間を知っていけばいいんじゃないでしょうか。


その機会を作れる場所の一つが、学校です。
これからも、子どもたちがいろんな行事に取り組めるように、
時間も心もゆとりある学校生活が送れたらいいのに…と願わずにはいられません。




保育園の子どもたちのがんばりに、胸を熱くした週末でした。
感動をありがとう!!




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:53Comments(0)家族

2012年10月05日

原発再稼働に政府関与せず…なんじゃこりゃ?!

今日の朝刊の隅の方に、ちらりと載っている見出しを見て愕然とする。

「原発 再稼働、国の判断を否定」

つまり、原子力規制委員会が安全とした原発をそのまま再稼働させる方針だという。

2030年、原発ゼロはどこへ行った?????


それまでも、最終判断は政府がするのか原子力規制委員会がするのかでもめていたらしい。
私から見たら、責任の押し付け合いをしているようにしか見えなかった。

もし再び原発で事故が起きたとしたら、
今の政府は「原子力規制委員会の判断が誤っていた、原子力規制委員会の責任だ」とでも言うつもりだろうか。
東電を実質国有化しておいて、「関与せず」なんておかしいんじゃないの??


そして、そのことが小さな記事にしかなっていないことに、これまた愕然とする。


日本のジャーナリズムはどうなっているんだろう。


あれだけ反対されているのにオスプレイも運用され始め、
もう日本に民意が反映されることはないのかと思うと悲壮な気持ちになってしまう。


日中関係、領土問題と世間は騒いでいるけれど、
その隙に(という言い方がぴったりではないだろうか??)ひっそりと進められている原発再稼働への道。


この国はどこへ向かうんだろうか。




昨日は長男がちょうちょ結びができるようになり一緒に喜びあった。
今日の空は秋晴れ、本当に気持ちがいい!
そして明日は子どもの運動会、楽しみだな~♪



そんな素朴な生活の中の喜びを、これからもみんなが感じられるようにしたい。

そのための政治をしてほしい。

これって、そんなに大それた願いでしょうか???




ブログに書くことしかできない私も、無力なのですが…。

何か他にできること、あるかな~?




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村



  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:30Comments(0)社会情勢

2012年10月04日

スティーブン・スピルバーグ監督の告白

スティーブン・スピルバーグ監督が、
ディスレクシア(読字障害)であることを公表したとの新聞記事を読みました。

ディスレクシア(読字障害)とは、
知的な遅れはないけれど、読み書きに困難があるという障がいです。

日本では、LD(学習障害)に内包されるような形で認識されています。


スティーブン・スピルバーグ監督は、
読字障害のある人々に、
「あなたが思うよりよくある障害。読解速度を上げる方法もある。
 一生付き合うものだが対処の仕方はある」
というメッセージを送ったそうです。


これはLDの割合の調査ですが、
「通常の学級に在籍する特別な教育的支援を必要とする児童生徒の全国実態調査」(平成15年3月)の中で、
「知的発達に遅れはないものの学習面で著しい困難を示すと担任教師が回答した児童生徒の割合」は4.5%だという結果が出ています。

100人中4~5人、つまり1クラスに1~2人くらいは
LDのような困難を抱えている子どもがいる、ということ。


ディスレクシアと断定はできませんが、
確かに思っている以上に多い割合ではないでしょうか。


障害の診断とは、言ってみればただ診断名がつくというだけのことです。
そのことによって、自分を受け入れられたり、必要な支援が受けられたりといったメリットがあります。

でも、それで終わりじゃないんですよね。

「ではその子は何に今困っているのか?」

「どのような方法で解決できるのか?」

というような、具体的アクションにつなげて子どもに関わることが大切。
それは、診断名がつこうがつくまいが同じ。
もっといえば、読み書きに困難があろうがあるまいが同じことなんです。


ただ、スティーブン・スピルバーグ監督も障害があることでいじめにあっていたと告白しています。
障害があることによって、自己肯定感がもてなかったりいじめにあったりと、
二次障害につながるケースが多いことは気になります。


一人ひとりの困りごとに目を向けて、
丁寧に解決策を考えていけたらいいなと思います。




応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:06Comments(0)教育

2012年10月01日

台風一過

台風17号の影響で、
各地さまざまな被害があったようですね…。

私は台風に備えて昨日は家に籠っていたので、
直接台風の被害はありませんでした。
雨と風が強くて、窓が開けられなかったくらいです。


しかし一つ残念なことが~!

9月30日は中秋の名月だね♪と言って、
子どもたちと月見団子を作ってお月見をしようと話していたのに、
台風のおかげでお月見どころじゃない!!


月見団子もなんとなく作る気になれず、
今年のお月見はうやむやになって終わってしまいました。
がっくり。



来週は子どもの運動会なので、
このままいい天気が続けばいいのですが…。
来週は晴れますように!



応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:56Comments(0)日常生活