プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2012年04月30日

5月~7月の新規生徒様募集休止について

先日、5月~7月の新規生徒様募集休止についてのお知らせを、
ホームページに載せました。

いきなりのご連絡になり申し訳ありません。

実は私事ですが6月に出産を控えております!
現在臨月の手前で、かなりお腹がせり出して重くなってきました。

そんな理由で、
前後1ヶ月はお客様のご家庭に訪問することが難しいため、
休止のお知らせを出しました。

ご迷惑をおかけいたします。

8月より新規生徒募集受付を再開いたしますので、
どうぞよろしくお願いいたします!

  
タグ :生徒募集

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 05:16Comments(0)家庭教師業

2012年04月25日

原子力発電の根本的なところ

原子力発電所を再稼働させるかどうか。
そんな論争が世間をにぎわせています。

そういった報道と接するたびに不思議に思ってしまう。
そもそも「日本経済が」「電力が」という前に、
原子力発電(つまり核)と人間が共存して生きていくこと自体が、
根本的に不可能ではないのか??

原発一基が1年に作り出す核廃棄物はおよそ1トン。
広島の原爆の千倍以上だという。
電力を作り出す一方で、処理に気が遠くなるほどの年月を必要とする廃棄物を、
じゃんじゃか量産している。
万が一安全に原発が稼働していったとしても、
子どもたちがいずれ直面する恐ろしい未来を、
私たちは想像することすらできないのだろうか??

まっとうな想像力を持っているのならば、
原発依存・電力過剰使用の現在の生活を転換するチャンスだと感じるのではないのだろうか??

第二次世界大戦後に戦争放棄をしたように、
(まあそれもいろいろ密約があったのかもしれないけれど)
原発事故が起きた国として、人間が本来あるべきふさわしい未来を描きたいものです。

私は、これまで原発が抱える問題を知ろうともしないでいた。
その反省は、今後原発に依存する生活を繰り返さないことで、
少しでも取り戻したい。

経済が、電力が・・・それは最優先事項なんだろうか。
私は、これから生まれてくる子どもに少しでもいい社会を残したい。

再稼働のことを考えるたびに、疑問が渦巻くこの頃です。




ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 16:26Comments(0)社会情勢

2012年04月20日

やってしまった…

私もただの人間ですから
(しかも、どちらかというと感情的な部類??)、
指導中に怒ってしまうことも、あるんです。。

叱る、でなく怒る。

冷静に、でなく感情的に。

昨日は久しぶりにやってしまいました。

そんな時は、次の瞬間猛烈な後悔が襲ってくるのですが…。

家庭教師の指導でも、日々の我が子の子育てでも、
怒っても何もいい展開にならないことは百も承知。

しかしまた繰り返してしまう未熟な私です。

怒る、でなく叱る。

一番大切なのは、次の子どもの行動にきっかけを与えること、ですよね。

反省の一日でした。。


ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:40Comments(0)家庭教師業

2012年04月11日

今日は雨ですね。

せっかく咲いた桜も散ってしまうだろうな~と思い、昨日写真を撮っておきました!

今年はお花見には行きませんでしたが、毎日どこかしらで見かける桜に心ウキウキ春を感じましたface02


  
タグ :

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 10:38Comments(0)日常生活

2012年04月05日

経済感覚

病院の待ち時間でふと手にした主婦系?の雑誌。

表紙には、
「100万円貯蓄できるコツ!」
とか
「マイホームまでの道のり!」
とか
「簡単にできる節約術!」
とか。

そんな文句が載っている。

そしてその文句に心揺さぶられる私…。

世のカリスマ主婦たちは、一体どんな生活を送っているのだろうか。

15分ほど読みふけった私は、
我が家との食費や電気代のあまりの差に愕然となりました…。

食品の底値をチェックしたり、スーパー3店はしごしたり、
チラシのチェックを欠かさずしたり。
そんなまめなことは私には無理…。

でも、私ってば
自分で自分の家計を動かしている意識が低いのではないか?!


これではいかん。

うん、なんとかせねば!!

そのカリスマ主婦の真似は私にはできないけれど、
とにかく現状把握が最重要課題。
まずは今、せっせと家計簿と向き合っています。

きっかけはなんであれ、
こういう危機感を抱いたときに、
経済感覚は研ぎ澄まされていくものなのでしょうか。

決して「安い」「低価格」が全てではないけれど、
何をもってして我が家の家計はこうなっているのか、という自覚が必要ですよね。

子どもたちにも政治や経済の学び場がほしい!!と思っていましたが、
私にこそまず必要でした…。

まずは家計という身近な経済の流れから、
しっかりつかんでいきたいと思います。


ちょっと恥さらしな記事ですが、
自分を戒めるためにも大事なことですね(笑)。

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:33Comments(0)日常生活