プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年12月27日

年賀状あたふた記…

お久しぶりの更新になってしまいました。

ここ二週間ほど、年賀状印刷であたふたしておりました。

ことの始まりは、年賀状ソフトの色がうまく出なかったところから。

そのソフトのカスタマーサポートセンターに電話し、
テストプリント、ドライバーの再インストール、その他あれこれ試したものの不具合は直らない。

最終的に、プリンターの不具合では?と言われ、今度はプリンターのカスタマーサポートに電話。
ここでもあれやこれやと試した結果、今度はカラー印刷ができなくなり…。

うおお~、この切羽詰まった時期に!!!
時間だけがどんどん過ぎて行きました。

結局年賀状印刷に間に合わないということで、格安プリンターを購入。
格安だけに紙詰まりや無線LANエラーなどトラブル続出。
やっと昨日年賀状を刷り終えるという結果でしたよ。とほほ…。


今回の年賀状騒ぎから、
お客様対応や品質保証がいかに重要かということを
客の立場からしみじみ感じています。

私もお客様対応の中で、うまく真意を伝えられなかったり、
理不尽な意見をいただいたりすることがあります。

どんな言葉を選んでどんな態度を示せば、誠意を感じてもらえるのか。
そもそも、お客様の気持ちに沿うことができているのか。
日々考えなければいけないですね。


というわけで、現在隙間時間を縫って年賀状をひたすら書いています。
今年も元旦には間に合わないかなあ。。


  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 14:42Comments(0)日常生活

2011年12月02日

漢字の音読みを捉える

最近相談を受けたのが、漢字の音読みに関することです。

漢字は、本来意味を成すものであるから、
訓読みは意味づけがわかりやすく覚えやすい。

でも、「音読みになると途端に覚えられなくなる」とのこと。
実はこの相談と同じ悩みを抱える子がたくさんいるんですよ。

では原点に立ち戻って考えてみる。
そもそも、私たちはどうして音読みを受け入れて読めるようになったのか?
「音楽」は「おんがく」と読む。「おとたの」とは読まない。
それは自然に受け入れ使ってきた言葉だけれど、
つまるところ、生活の中の単語と音読みを結び付けて捉えているからではないでしょうか。

じつは私の受け持つ子の中にも、音読みになると漢字が書けない子がいる。
「おくじょう」と平仮名で書いてあると、
途端に何を意味する単語なのかわからなくなるようだ。

でも、「おくじょうって何を意味する言葉?」
と尋ねると、普段の生活の中で使っている言葉と重ね合わせて考えることができる。
つまり、屋根の上にあるスペースのこと。
「屋の上で屋上だよ」というと、書くことができます。

音と意味のつながりって、実は捉えにくいものなんだなあ。
と実感したこの頃です。

音読みが覚えにくいという事実はどうしようもありません。
ただ、使える語彙数を増やすことで、言葉の意味から漢字を思い浮かべ、
音読みの習得につなげることができると思います。

漢字は意味を持つ文字です。
その利点を活かした指導を考えていきたいものです。



ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:02Comments(0)勉強方法

2011年12月01日

冬期休業のお知らせ

今日から師走、あと1ヶ月で2011年が終わります。
年末年始の予定は、今からしっかり立てておかなくてはいけませんね。

年賀状に大掃除、クリスマスにお正月、
あっと言う間の1ヶ月になること間違いなしですね。

受験生のみなさんにとっても、
最後の長期休業。
体調に気をつけて、実り多い年末年始になりますように。

さて、イエガクでも冬期休業のお知らせを行いました。

2011年12月30日(金)~2012年1月5日(木)の期間、
お休みさせていただきます。

この期間、メールでの受け付けは行っていますが、
メールの返信・電話対応などは1月6日より行います。

ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:57Comments(0)家庭教師業