プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2011年04月25日

絵本棚をDIY

絵本講師を始めて以来、
ものすごいペースで増え続ける
我が家の絵本。

それまでは図書館を利用することが多く、
極端に冊数が増えることはなかったのですが・・・。

「読みたい」ときに「読める」喜びを得ること。
そして、
「絵本を買うこと」が「子育てに一生の決意をもって取り組むこと」
につながるのではないかなあ、という思いから、
本はできるだけ「買う」ことにしました。

(といっても、月に数冊ペースですicon10


さて、絵本が増えるということは、
絵本を収納するスペースが増えるということ!!

今まで使っていた本棚から、
本があふれるあふれる!!!

この狭い家の、
どこにこんな絵本を並べるところがある~~?!
やっぱり棚を新調しなければならないと思い至る。


そこでDIYの登場!
我が家のニーズに合わせた棚をつくることにしました。

そして現在製作中icon25


ようやく半分できたのですが、
おもいがけない素敵な出来栄えicon12

ちなみに、私は夫の助手でしかありませんが。

ちゃんと完成したら、
画像でアップようかな?

とにかく完成が待ち遠しい(だけどなかなか作業時間がとれないicon11)この頃です。



ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:27Comments(0)日常生活

2011年04月21日

久しぶりの電話

久しぶりに中学生時代の友人に電話をかけました!

一部の友人とはずっとつながっているのですが、
彼女とは卒業以来。
でも、生徒会で一緒に苦楽を共に(?)してきた心許せる人です。

メールはそれほど抵抗なく送れるのだけれど、
「電話」となると、一気にハードルが上がるicon14

相手の時間に割り込んでしまい、
その上話す時間を頂戴するのだ・・・。
今忙しかったらどうしよう、などと考えると
電話って躊躇してしまいませんか?


でも、思い切って電話しました。

結果。

電話口で、友人はものすごーく喜んでくれました!!
もちろん、私も久しぶりに話せて本当にうれしかった~。

そして二人とも同じ感想を抱いていたのだから不思議。

「ずっと連絡をとってなくても、
 こうやってすぐに呼吸が合って話せる友達がいるって、
 本当に幸せだよねicon06

ということ。

同じときを過ごした記憶というのは、
尊いものです。

心がほっこりとあたたまったひと時でしたface01


ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  
タグ :電話友人

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:49Comments(0)日常生活

2011年04月19日

誠実さ

誠実さというのは、
人の印象をとても深くするものだと思います。

メールのやりとりをする、
電話で話す、
会って話す、
その時々で印象の違う人はいますが、
原則的に誠実さは変わらないと思います。

先日、イエガクの教師と面接を行いました。
その方は、最初のメールのやり取りから
会ってお話をするまでの間、
終始誠実さを感じる方でした。

人に丁寧に接するって、
大切なことだなあと思いました。

私はどうかしら??

我が子の保育園の連絡帳・・・いつも「時間がない中書いてます!」と主張する字だよなあ。。

指導中の説明図・・・勢いで書いてしまうから、形がよく崩れて見にくいよなあ。。

ふと思いつくだけでも、
雑にしていることって結構あるicon10

暮らしにささやかな気配り・丁寧さを。
人にささやかな気配り・丁寧さを。

そんな気持ちを教えてもらった教師の方に、
感謝♪です。


ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 10:18Comments(0)家庭教師業

2011年04月14日

家庭菜園

我が家では家庭菜園に取り組んでいます。

・・・といっても畑はないので、
せま~いベランダの一角なんですけどねicon10

そして今朝、めでたく収穫となりました!!

こちらのラディッシュ、赤くて小さな実がとてもかわいい♪
早速朝のサラダにして食べました。

我が家の次男坊は、
「おいしい♪」と大満足。

長男坊は
「おいしくないっ」と一言・・・。

毎日水やりして育てたのに、
それはないでしょ~icon11

でも、ある意味客観的で冷静な一言でした。



今回ベランダ菜園に取り組んでいるのは、私より夫。

「過保護に水を遣るより、ちょっと乾くくらいがいいねん」

と、適当に放っておく私は、
あまりあてにされていないらしい。

今季は、トマトやミニトマト、ホウレンソウに大葉など、
何やらいろいろ企画しているようです。

また収穫できる日を楽しみにしています!  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:05Comments(0)日常生活

2011年04月12日

朝から地震・・・

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。


子どもたちを保育園へ送る車の中。

ピピッ ピピッ

と、警告音のような音が。

「何??」

一瞬不安になり辺りを見回すも、特に変化なし。
ラジオから流れる効果音かなあと一人納得し、
保育園まで車を走らせました。

保育園に着くと、
先生たちがテラスに集って連絡を取り合う姿が。

「今地震速報があったので、
 電気も消してみんなで集まり、
 すぐに避難できるような体制で待っています。」

とのこと。

避難体制をとっている子どもたちを残して
仕事へ向かうのか・・・
とにかく、子どもは預けた以上先生たちにお任せするしかない。

後ろ髪ひかれる思いで仕事に向かいましたが、
「今地震が起きたらどう行動しよう」
などと頭でシュミレーションしていました。


いつ地震が起こるともわからないと言われている愛知県。

震災は他人事ではありません。

日本は地震列島ですが、
その中でいかに生活していくのか。。

震災から1カ月たった今も、
現在進行形で私たち一人一人に課された
問題なのですね。


  
タグ :地震余震

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:21Comments(1)日常生活

2011年04月11日

息子のひらがな習得

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。



今日は我が家の話題を一つ。

実は我が家では、ひらがなや数字などを教えることを
一切やっていません。

これはあくまでも我が家の教育方針ですが、
就学前は、字を覚えたり数字を読み書きできることより
大切なことがあるんじゃないかと考えています。

ところが、先日。

年中さんのうちの長男が、
「ねえ、『き』っていう字、これであってるの?」
と聞いてきたので手元をよく見ると、
お月さまの絵を描いた横に
「おつきさま」と書いているではありませんか!!
(正確に言うと、ちょっと違ってたんですが・・・)

母は目が点。

「え??・・・この字どうやって覚えたん?!」


「保育園やで~。」

「す・・・すごい!!」

つまりは、保育園でひらがなを教わったわけではなく、
友達の名札、もう字の書けるお友達の字、
先生が書いてくれる字、絵本など、
いろいろなものを見たり実際に書いたりしてみて、
とりあえず書けるようになったという。

私は漠然と、
「字は就学してから教えたらいいや」
と思っていたのですが、
彼の字への憧れや書いてみたい欲求というのは、
もうしっかりと育っていたということ。


インディヘナたちは「教える」ことをしない。
覚えるべきことは「真似をして習得する」というのを
本で読んだことがあります。
「真似」とは、学ぶ者が行うべき大切な行動なんですね。


そんなわけで、これからは
書きたい字を「教えて」と言われたら教えよう~と
方向転換した私。
さあ、どうなることやら?!


余談ですが、
家庭教師をやっている仕事柄、
ママ友達にときどき聞かれます。

「同じ幼稚園に通う子は、
 教室に通って読み書き計算を習っている子が多いみたいなんだけど、
 うちも行った方がいいかしら?」

うーん。
これは私個人の考えですが。
ひらがなや数字の書き方は、お母さんやお父さんでも
十分教えられるはず。
子どもが「覚えたい」と思ったときに親に教えてもらう方が、
子どもはうれしいんじゃないかしら??

「専門家に任せた方が・・・」
という保護者の方は多いです。
確かに反抗期がくれば、家族間で教えあうのは難しいかもしれない・・・。

でも、就学前の時期。
親に教えられていやな子は、まずいないと思います。
全てアウトソーシングできる時代。
でも、だからこそ、
親が体を張って子どものために頑張る姿を
見せてあげてほしいなあ。


そんなこんなで。
私も子育て母ちゃんとしてはまだ4年生。
まだまだこれからも、続いていきま~す♪


  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 10:08Comments(0)勉強方法

2011年04月06日

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。


暖かい日が続いています。
もう春ですね♪

我が子たちの保育園では桜が満開!!

見ているだけで心がうきうきします。





この数日間で、入学式・入園式を迎える方も多いでしょうね。

おめでとうございます。

桜の優しい色が、
心を勇気づけてくれますように・・・。



  
タグ :入学式

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:29Comments(1)日常生活

2011年04月04日

世界自閉症啓発セミナー

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。



ご存知でしたか?
4月2日は世界自閉症啓発デー、
4月2日~4月8日は、世界自閉症啓発週間なのです。

(昨年の啓発週間にも記事にしていました。こちら
この世界自閉症啓発デーに行われたセミナーに参加してきました。

実は講師の先生が、
以前私が参加した「ペアレントトレーニング」の講師だった
辻井先生でした。

当日は堀田あけみ先生もいらして、
当事者(自閉症の子どもの親)としての体験談をお話くださいました。

軽度発達障害は、最近よく知られるようになりましたが、
「障害」に対する考え方や、「自閉症」の理解の仕方など、
まだいろいろなところで勘違いされることが多いそうです。

現在のところ「自閉症スペクトラム」という言い方をしていますが、
結局それは何?と聞かれたら

■脳機能のちょっとした生まれながらの神経ネットワークの機能の違いによって、社会的な行動に関して、自然にぱっとわからず、学びにくい人たち。
■だから、わからないことを教えていくことで、学べることで、できるようにわかるようになっていく。
(当日資料の文章より抜粋)  

と理解するとのことでした。

つまり、支援する側は、
「やり方のコツをわかりやすく丁寧に伝える」ことが必要。

また、生きていく地域社会でもそのことを理解してもらう必要がある。
そのために情報を広く発信していくことが大切。


などなど。

やっぱり勉強すること、新しい情報を得ることは大切だなあと感じた一日でした。

実際に、軽度発達障害でのご相談をいただくことが多いです。

正しい知識や理解をもって、
対応できるようにしていきたいと思います。

  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:59Comments(0)教育

2011年04月01日

23年度の始まり!

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。




今日は4月1日!
23年度の始まりでございます。

子どもとともに過ごしていると、
年度で1年を考える癖がついているので、
まさに今日が「始まりの日」といった感覚。


さて、我が家の二人のやんちゃ坊主も、
今日から年中組と乳児(2歳児)組です。

登園時は母も内心ドキドキワクワク。


新しい教室(といっても、今までの隣のクラスなんですが)、

新しいマーク(トンボマークからかえるマークへと変わっていた!)、

新しいお友達(年中さんは今までの倍の人数だわ~)、

そして新しい先生(これが最大の関心ごと・・・)!!



毎日通っているので区切りがないように感じるのが保育園の特徴?ですが、
やっぱり新しいものだらけで新鮮!

これからどんな一年になるのか楽しみです。


園庭の桜もちらほらと枝先の花が開いてきましたよ。
もう春ですね~。  
Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 13:34Comments(0)家族