プロフィール
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク
家庭教師&家庭教室のイエガク代表。自身は元小学校教諭であり、二児の母でもある。生まれも育ちも京都だが、結婚を機に愛知県に移り住み、家庭教師を始める。就学前の子どもの育ちにも大いに関心をもっており、「絵本で子育て」を推進する絵本講師としても活躍中。
家庭教師 名古屋 イエガク
家庭教師 名古屋 イエガク
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2013年05月22日

【絵本】ありがとう、フォルカー先生

来週、市内小中学校の図書館主任さんに向けた絵本研修で講師をする。

1時間という短い時間で、ギュッと中身の濃い話をしたいと、
かなり念入りに準備をしている。
気合、入ってま~す!

子どもたちが本の世界へ入っていくための大きなカギを、
先生たちも握っていると思うから。

選書も悩んで悩んで、多すぎず少なすぎずの冊数を選んだ。
その中には、こちらの絵本も入っている。




この絵本は、作者のパトリシア・ポラッコの自伝的作品。
彼女はLDでたいへん苦労した経験があるとのこと。

~あらすじ~
字がうまく読めないトリシアは、劣等感に悩まされ、いじめの対象にもなります。
しかし、5年生のときにフォルカー先生と出会い、トリシアの人生が変わります。
フォルカー先生は、トリシアの絵がうまいことなど得意なところを認め、
字が読めないことを見抜いて個別に指導を始めます。
そのおかげで、トリシアは字が読めるようになり自信を取り戻します。


久しぶりに読み返しましたが、思わず涙が…!
特に、字が読めないことを必死で隠してがんばってきたトリシアに
フォルカー先生が気付いたとき。
そう、子どもたちは、大人が気付かないところで必死でがんばっている。
トリシアに限らず。
それに気付ける大人は、本当に子どもをよく見ているのだろうな。

この絵本、とってもお勧め!



応援の1クリックをお願いします♪
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村
  
タグ :絵本LD学校

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 12:34Comments(0)絵本講師

2012年10月24日

保育士の方向け絵本講座

先日は、第三子出産後初の絵本講座でした。

保育士の方向けの講座で、参加者はみな保育士さん!
普段から、子どもや絵本と関わってこられた方ばかり。
今後の活動に活かせるように…話す私も力が入ります。

久々の講座で、私自身は反省の多い内容でした…。


それでも、先ほど送られてきた感想を読んでいると、


「普段は読み聞かせる方だけど、読み聞かせをしてもらえて楽しかった♪」

「絵本の選び方、読み方が参考になった」

「心の井戸の話が心に残った」

「参考図書を全て読みたい!」


などなど、講座を楽しんでもらい、かつ今後の保育に積極的に活かしたいというものが多く、
私もほっと胸をなでおろしたのでした♪


それにしても、いつも受講者の方の感想には私が励まされています。
ありがとうございました!


応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 11:22Comments(0)絵本講師

2011年10月25日

長谷川摂子さん死去

児童文学作家の長谷川摂子さんが、10月17日にお亡くなりになられました。
数日前に新聞でその記事を読んだとき、
ああ、また大好きな作家さんがいなくなってしまったなあ…と寂しくなりました。

『めっきらもっきらどおんどん』



『おっきょちゃんとかっぱ』



上記はどちらも大好きな作品です。
不思議な異世界とつながるという、ちょっと不気味でハラハラしながら読み進めるお話の世界。
子どもたちも、そのドキドキハラハラが大好きでした。

最近では、絵本や読み聞かせについて語られている本も読んだりして、
その独創的な絵本に対する感じ方、絵本を仲立ちとした関係の作り方に
とても刺激を受けました。

作品は作者がいなくなっても語り継がれていきます。
素敵なことですね。
また読ませていただこうと思います。

心よりご冥福をお祈りします。
  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 15:05Comments(0)絵本講師

2011年10月19日

病児保育スタッフ研修での絵本講座

先日、病児保育スタッフ研修の1コマとして、
絵本の講座を行いました。

実は、我が家も病児保育をお願いしたことがあります!
子どもの病気は、核家族&共働き夫婦にとっては大問題。
都合がつく時はもちろん休んで看病するのですが、
そうじゃないときは緊急でも保育をお願いできるお助けサービス、
本当に助かります。

というわけで、いつかうちの子もお世話になるかもしれないスタッフさんの研修。
絵本講座にも力が入ります(笑)。

今回は、60分という短時間。
この時間でいかに密度の濃い話をするか…。
レジュメ作りの段階でか~な~り悩みました。

最終的に、
■絵本の魅力と読み聞かせの方法
■子どもたちが読み聞かせから受け取るもの
■病児保育におすすめの絵本

という3本柱でお話をしました。

「短時間だから、わかりやすく要点をすっきり話す」ことに集中した結果、
いつもに比べて話がどんどん進み、なかなかいいペース!
そうか~、意外にこのペースが聞き手の方には聴きやすいのかも。。

病児保育にどれくらい活かせる内容を話せたのかがちょっと心配ですが、
絵本の魅力についてはたっぷり知ってもらえたかな??

残念だったのは、次の講座までの休憩時間がなかったこと。
たくさん並べた絵本たちを、きっと手にとって見たかっただろうなあ。
質問もしたかっただろうなあ。

テーブルに並べた絵本を片付けるのが、本当に心残りでした。

今日紹介した絵本を、どこかでまた手にとってもらえるといいな。
病児保育に少しでもお役に立てたなら、本当にうれしいです。



ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 15:18Comments(0)絵本講師

2011年08月22日

夏の絵本講座

先日、図書館教育研修会で絵本講師としてお話してきました。

昨年もお世話になった、小中学校の教員の方向け研修会です。

内容は昨年と同様、
「絵本の力について」
「読み聞かせの実践方法について」
「教室で絵本を読むことの意義について」
という3本の柱に沿ってお話しました。

45分という短い時間だったので、
できるだけ内容も言葉も厳選して・・・と思っていたのですが、
なかなか難しいものです。

本も欲張ってたくさん持っていき過ぎました。
前の机に本が並ばず、並べた本も全て紹介できず、
多すぎるのも考えものだな・・・と反省。。

毎回学ぶことは多いですね。

それにしてもうれしかったのは、
主催者の方のお言葉でした。

「普段忙しい先生が、
 絵本を読んでもらうというしっとりとした時間を持てたこと自体が、
 本当にすばらしかったです。」

と言ってくださいました。

自分に絵本を読んでもらえる時間。
実は、大人になればなるほどなくなるんですよね。
そういった意味で、教室で読み聞かせや本の紹介の役を担う先生方に、
絵本について話を聞いていただけたのはうれしいことです。

そして、二年連続で受講された学校図書館の関係者の方からも声をかけていただきました。

「二年連続でお話を聞きましたけど、
 大事なことを思い出せましたし、
 いいお話は何度聞いてもいいですね。」

笑顔でそのように声をかけていただいて・・・
私もその言葉にとてもうれしくなりました。

学校での読書活動が、
より楽しく豊かなものになりますように!
そして、先生たちも読み聞かせを楽しんでくださいますように!!



ランキングに参加しています♪
応援のワンクリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村  

Posted by 家庭教師&家庭教室のイエガク at 16:52Comments(0)絵本講師